INS-NAVI HIT トップ > エキサイティングコラボシリーズ 税理士アライアンス
エキサイティングコラボシリーズ 税理士アライアンス
出演講師:菅 拓摩 / 解説:笠原 慎也 / 収録時間:セミナー編53分 対談編69分 / 価格:29,800円(税込)

保険営業パーソンにはコントロールできない分野がある!

「日々の営業生活の中で、見込客が少なくなる一方で・・・」
「せっかく保険商品の知識に自信があるのに、話を聞いてもらう機会がない・・・」

こんなお悩みを抱えているのは、アナタだけではありません。
アナタのライバルも同様に悩み、苦しみ、日々「活路」を模索しています。

では、「オートマチックに面談できる仕組み」と
「信頼関係がセットアップ」されている面談状況
を同時に手に入れることが出来たら?
  そんな「専売特許」、いかがでしょうか?

ファイナンシャルプランナーという職業は様々な分野の【お金の相談】のプロとして活躍されています。
銀行、不動産、証券会社・・・そして税理士。
アナタも一度は他業種とのアライアンスを考えることはなかったでしょうか。

「餅は餅屋」という言葉の通り、
コントロールできない分野はその道のプロフェッショナルにお任せすることが、
本当の意味で【顧客志向のコンサルティング】のはず。
とりわけ、法人営業・・・経営者へのソリューションをお考えなら尚更です!

どの経営者も潜在的にはリスクヘッジのニードを持っています。
しかし、それが我々の提案する保険でほぼカバーが出来ることに気付けていない。
そこで税理士とコラボし、トータルなFPコンサルをすることで
そこを顕在化することが可能になるのです。


「属人的な手法から一歩進んだ、もう一歩上のトータルコンサルティングサービスへ。
「そんな仕組み、どうやって作れるのか…」とお思いの皆様へ、
今回は「税理士との提携」についてノウハウをお伝えさせていただきます。



大抵の経営者は、潜在的に保険のニーズがある!

保険営業パーソンが"片手間"ではなかなか深く踏み込むことができず、
しかしコンサルをしていると、特に大きな案件では"欠かせなく"なっているテーマといえば・・・
「相続・事業承継」。

私たち保険営業パーソンがいくら頑張って知恵を絞っていい提案をしても、
経営者は自分のおかかえ税理士との天秤にかけ・・・悔しい思いをした、なんてご経験ございませんか?

なぜこうなってしまうかというと、「税理士がその道のプロ」という前提があるので、
その分野への「信頼」があるからです。
保険屋なんかに内情がわかるもんか(悔しい!!)なんて遠まわしに言われたりして。

しかし、このテーマは深く掘れば掘るほど経営の規模を問わず"保険で解決できる"ニーズがあるんです。
というより大抵の経営者は、潜在的に保険のニーズがあるのです!!
ただここでネックなのは、それらが保険でほぼカバーできるということに気付けていない、ということ。


そこで“プロの立場”からそれを提案して頂ければいい。ではそれができるのは?

そうですよね。企業経営の財成に関わり、深くまでお金のことを理解している・・・ 税理士です。



実は税理士のほとんどが「保険のことは全く知らない!」

ところがほとんどの税理士が「保険のことは全く知らない」という事実をご存知ですか?
むしろ、保険に関する知識が乏しい上に、イメージだけで毛嫌いしている人までいる始末。
本当にクライアントのことを考えるならば本末転倒です。

繰り返しますが、大抵の経営者には、潜在的に保険のニーズがあります。

しかし、多くの税理士は保険商品に関する知識はほとんどありません。
また、返戻率のピーク管理等、保険税務に関する知識もありません。

その結果として、税理士が直接販売する保険契約は「売りっぱなし」になっていることが大多数。
それがクライアントのクレームなることもありますが、
不利益になっていることすら知らない経営者が多いというのが事実だったりします。

また税理士自身も、場合によっては「保険は税理士の本業ではない」というプライドが邪魔して、
保険のことを勉強したがらない・・・

どうですか? ここにアナタの出番があると思いませんか?

ただ、そうは言っても多くの保険営業パーソンにとって、税理士との提携は・・・
「どう組んでいいのかわからない」
「誰と組んでいいのかわからない」
「相手がよくわからない」(←これはお互い様ですね・・・)

そんなことがハードルになっていると聞きますが、
実はある「ポイント」を抑えるだけで飛躍的な相乗効果が生まれるのです。
だって税理士だって、信頼のおけないパートナーとはコラボしたいとも思わないでしょう?



今回ご紹介する税理士法人アップパートナーズ代表 菅先生はこうおっしゃいます…


「私にとって、保険営業パーソンはビジネスの先生です。 例えばお客様への姿勢と、クイックレスポンス・・・ 営業のイロハは保険業界の皆様から学ばせて頂きました。 実は、税理士は"営業"が苦手です。 私がそうだったように、若手の意欲のある税理士は 保険営業パーソンの皆様から学びたいと思っている人が多い。 そういう人を見つけてコラボレーションするべきですよ!」



保険営業パーソンとWIN WINな関係を築いている菅氏による"HOW TO アライアンス"セミナー

講師の菅先生がおっしゃるように、保険営業パーソンがより良い提携関係を組むには
税理士業界の現状を知り、より良いパートナーを選ぶことが最重要ポイント。

ただ“出会う”だけでしたら今までに何度も機会があるはず。
極論ですが事務所に訪問すれば、税理士と出会うことはできますからね。
でもポイントを抑えずにいきなり提携をしようと思っても、 ウィンウィンの関係を築きにくくなります。
(相手の言いなり・・・なんて問題外ですよね!?)

それでは、税理士と保険営業パーソンが ウィンウィンの関係を築くためのポイントは? 以下の4つです。

@ どんな税理士と付き合うべきなのか
(保険営業パーソンにとってメリットがあるためには、付き合ってはいけない税理士のタイプがある!)

A 最近の税理士側のニーズは何か
(税理士は何に困っている?)

B どんな事例でコラボレーションできるのか
(保険営業パーソンが事前に勉強しておいたほうがいいこととは?!)

C 税理士が求める保険営業パーソン
(税理士は、どんな保険営業パーソンとコラボし ビジネスを学びあいたいと思っているのか)




このDVDでは上記のポイントをベースに
今や200人の社員を抱えるはえぬきの税理士である
税理士法人アップパートナーズ代表 菅拓摩氏が登壇。

実際に保険営業パーソンとWIN WINな関係を築いている税理士の立場から、
・税理士業界の意外な事情や悩み 
・税理士が喉から手がでるほど欲しいもの
  ・税理士が販売している保険とその具体的なケース 

・・・なんてことを包み隠さず、全てお伝えします。




  セミナー編 …DISC1  
・税理士が欲しいものは?
・税理士業界の事情
・税理士が販売する保険とは?
・税理士と組むメリット
・どんな税理士と付き合うべきか
・税理士の弱点を補う関係になると長続きする
・こんな税理士と付き合ってはいけない
・UPP(アップパートナーズ)における保険販売方針
・大抵の経営者は、財源さえあれば保険に加入したい、では資金の作り方は?
・枠融資活用のイメージ
・借り入れを一本化すると?
 
ボーナストラック(4つの事例)…DISC2
・事例@ 利率が高いままになっていたケース
・事例A 利益がほとんどなく、一見節税提案できないA皮膚科(医療法人)
・事例B 法人に利益が多く、奥様の給与が低かった事例【
・事例C 資産の売却等を利用して資金を捻出した例

       
HITシリーズではおなじみのナビゲーター・笠原慎也が今回も登場。
 
現在、マーケティング企業の社長として活躍する笠原が、「経営者ならでは」の
視点で、保険営業パーソンと税理士との関係にメスを入れていきます!
 
さらに実際に税理士とタイアップし、大成功をしている現役保険営業パーソンへの
突撃"ナマ"インタビューも収録!
 
保険営業パーソンとして税理士と提携する近道、また提携した後も
上手く長く付き合っていく方法を伝えていますので
皆さまは、すぐに実践するきっかけと勇気をいただけるはずです!
 




こんな喜びの声が届いてます!!

外資系保険会社 Oさん
「利益を出せばいい、という時代は終わった。これからはいかに顧客思考であるかを見せることが大事」という菅先生の言葉にはっとしました。
コラボレーションの目的は常に「お客様のためにであること」、そうして志を同じくできて初めて関係が上手くいくのだと気付けました。 税理士の先生とは何かと一緒になる機会があるので、是非その視点から、お話してみたいと思います。
保険代理店 Dさん
税理士の先生が、営業や集客をあれだけ苦手としているということが、目からうろこでした。そういう意味では対等な関係を築けると思います。
また、若手の税理士さんがの悲惨な状況にもびっくりです。税理士さんも顧客を獲得するのに精いっぱいなんですね。
どんな税理士さんとタッグを組めばいいかわかったので、どんどん出会いを求めて行こうと思います。

菅 拓摩(すが たくま)  プロフィール


菅琢磨

税理士法人アップパートナーズグループ 代表

福岡市、長崎市、佐世保市、伊万里市の4拠点で計200名規模のスタッフが在籍する 西日本最大級の税理士法人アップパートナーズの代表を務める。 企業のコンサルティングにおいては、「解決できない問題はない」という姿勢で行っており、 単に税務、財務と関わるだけではなく、顧客には将来的に幸せになっていただけるような 長期的な取組みを大事にしている。 これらを踏まえた上で、スタッフにはクレド教育を実践し、@お客様への1分でも早い返答 A守秘義務の厳守 B社会正義の実現 を徹底し、コンサルティング能力の高いスタッフの育成に努めている。

得意分野:医療機関の経営支援、開業支援、借入相談、企業再生、企業再編、人事労務問題の解決、就業規則等の規定作成、事業承継・相続対策、IT化支援、税務会計全般

笠原 慎也(かさはら しんや)  プロフィール


HITナビゲーター

ホロスプランニングは独立系ファイナンシャルプランナー200名以上で組織化、全国展開する保険代理店。所属するFPの過半数以上がMDRTといった異能派集団として名をはせる。 また、事業コンセプトは"保険ビジネス成功支援"というスタンスであり、業界に特化した契約管理システムやビジネスコンテンツ、教育事業を展開。
お客様のライフタイムバリューを最大化し、あらゆる"満足"の可能性を支援すべく、 株式会社エルティヴィーを立ち上げ、総合生活支援業「L-club」をスタート。  2017年11月、株式会社ホロスホールディングス顧問就任。

笠原慎也